アーユー ハッピー オァ ノット?

意外と続いているので自分でもビックリ。通勤電車内の風景、お酒のこと、休日の日常、雑記(これが一番多いな)、なるべくカテゴリが増えすぎないようにテーマを絞っていこうとおもっています。思ってるだけかもしれませんが。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各社そろい踏み

7インチタブレット、出そろいましたね。


ⅰPADミニ、ちょっと高いね。


やっぱグーグルかなぁ、19800円。


NECのやつもお手頃価格。

最軽量というのもそそられます。


近所のヤマダ電機行ってきたけど

タブレットコーナーがありませんでした。

なんで?

かわりにパソコンコーナーをぶらついてきましたけど

今のこのパソコンに比べてなんとハイスペックで

リーズナブル。


お小遣いためなきゃ。

20年ぶり、いやもっとか。

行ってきました。

スカッシュラケット。

もう、前の晩から緊張して眠れませんでした。



やってみると、いやぁ~

当たらない。

ボールが見えない。

足が動かない。

もう無い無いづくしです。

10分くらいやっただけで臀部も太ももも

ピクピクと痙攣を始めました。


一人でコートを予約して行ったので

相手がいなかったのですが

そこにいた人たちに声をかけて相手をしてもらいました。

来週も誘われたので、また行ってきます。

あぁ、楽しかった。

※コートは写真撮影禁止なので、写真のアップはありませんです。

スカッシュラケット

スカッシュラケットというスポーツをご存知でしょうか?

世界的には競技人口も多く、比較的メジャーなスポーツで

オリンピックの新種目の選考にも毎回上がっているんですが

残念ながら日本ではそれほどでもありません。

そのマイナーなスポーツを私は学生時代にやってました。

全国的にもコートの数が少ないため、卒業後はほとんど

プレーすることもなかったのですが、昨日京都駅付近の

スポーツジムに行ってきました。

スカッシュラケットのコートがあるというので、見学に

行ってきたのです。

競技から遠ざかって20年以上。

ボールを打つ音、ラケットが壁に当たる音・・・

すべてがとても懐かしく思えました。

その時レッスンに来ていたのはおじいちゃん3人で

動きは素人でしたが、逆にその動きの悪さが自分が始めたころの

ことを思い出させてくれました。

仕事の都合上、ビジターでしか通えそうにありませんが

来週の火曜日に、久しぶりにボールを打ってこようと思ってます、

ラケットとボールはレンタルしてもらえるらしいので

とりあえずウェアくらいはそろえとかないと。

今日のはちょっと長いよ。

昨夜、なんとなくケーブルテレビをつけていると

昔の日本のSF映画をやってました。

タイトルは「妖星ゴラス」

1962年公開の映画で今となっては突っ込みどころ満載のSF映画です。

簡単に説明すると、

大きさは地球の4分の3くらいで、質量は6000倍という「ゴラス」が地球に

衝突する危機を回避するというストーリー。



太陽系にむかっていた「ゴラス」を日本が打ち上げた土星探査船

「隼」・・・「はやぶさ」ではないよ・・・が独断で調査に向かう。

観測データを地球に送信した直後、「隼」は「ゴラス」の引力につかまり

衝突してしまいます。死を覚悟した日本人の乗組員たちは口々に

「万歳」と叫びながら「ゴラス」に飲み込まれていくのでした。

こういうのを見た欧米人たちがのちに典型的な日本人像を作りだしたんではないでしょうか?

さて、「隼」の観測データから「ゴラス」の軌道は地球衝突コースと判明。

人類は南極に巨大な噴射口をいくつも建設し、ジェット噴射で地球の公転軌道を

変えてしまうという作戦を展開します。

噴射口建設中も「ゴラス」は地球に接近を続け、ついに冥王星軌道を通過し

太陽系内へ・・・あれ?「隼」って土星探査船だったはずでしょ。

独断で太陽系の外まで行ってたの?



とにかく、軌道変更計画は実施され地球の軌道はジェット噴射により

計算通りに変更されていきます。しかし、計画では100日間で40万キロの移動。

このまますんなりとはいきません。

機械の故障は命取り。そんなとき、突然南極に地震が!

現れたのは体長数10メートルの巨大なオットセイ

しかし、採取された血液から「典型的な爬虫類の血液だ」との学者のコメントが。

いや、どうみてもオットセイでしょ。なぜ爬虫類という設定に?

ジェット噴射の影響で南極が暖かくなり、南極の地底に眠っていた怪獣が

目を覚ましたという設定でした。SFだから怪獣も出しとこ、みたいな

ちょっと欲張りすぎですね。

ウルトラマンの科学特捜隊が使っていたビートルが登場し、乗っていた

科学者たちがレーザーでこのオットセイをやっつけます。

「今じゃ、温暖な南極だ。ちょっと降りてみよう」


なんてのんきなセリフも飛び出します。

30年以上のちに「地球温暖化」で世界中が大騒ぎしてるなんて

想像もつかなかったでしょうね。


「ゴラス」は周囲の星星を飲み込みながら質量を増やし、ついに地球の6200倍に。

計画通りにいっても衝突は回避できないかも・・・。という展開。



なにぶん夜中にやっていたもんですから、最後まで見るには至りませんでした。

しかし、この手の映画って現在の科学とのギャップがおもしろくて

ちょっと癖になりそうです。

私は特に映画通ではありませんが、その私にこれだけ語らせるとは

「妖星ゴラス」

恐るべし。

ウィキペディアで調べると、やたらと真面目に解説してあるのでそれも面白いです。

健康診断

昨日の夜9時以降の飲食間食をすべて絶ち

半ば飢餓状態で、今日は朝から健康診断でした。

毎年うけているこの診断、待ち時間だなんだかんだで

いつも2時間弱かかるのに、今日は新品のパソコンみたいに

さくさく進行し、1時間もかかりませんでした。

血圧、検尿、身長、体重測定、血液検査、心電図、聴力、視力

肺のレントゲンとバリウム飲んで胃のレントゲン。

過去に何回か、胃のこの辺に影が映ってるんですよねぇ

とか言われて胃カメラ飲んだこともありますが

今回はそれもなし。

特に健康に気をつけているわけでもないんですが

健康で居られることには感謝です。



久しぶりの更新なんですが

なんか全然面白くもなんともない内容ですな。

山も谷もない、ふつーの、平坦な・・・




オチもないし



・・・・・・・・・・・・


プロフィール

過去から来た男

Author:過去から来た男


☆洋服屋
☆B型(輸血の時以外はどうでもいいと思っている)
☆2児の父
☆過去に漫画家を目指した経歴あり
☆スカッシュラケット経験者(知ってる?)

 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。